ロサンゼルス留学で口コミで評判の学校をランキング!

ロサンゼルス留学でトラブルを防ぐには

    

ロサンゼルス留学でトラブルを防ぐためには

 

 

LA留学で困った時の対処方法を、こちらではお伝えしたいと思います。
とかく慣れない海外生活ですから、いろいろと問題も生じると思われます。
こちらではそんな場合の対処方法に関してケースに応じてお伝えしたいと思います。

 

 

・病気になった時

海外で病気になった時は本当に困りますよね。
しかし、ロサンゼルスに限っては、日本人が経営する医院や日本語が通じる医院が他地域に比べて充実しています。
病気やケガをした時には海外医療保険に加入していないと、相当な額を支払わなければならなくなるので、必ず保険に加入してから留学するようにしましょう。

・犯罪にあった場合

どうしても日本よりは、留意していても犯罪にあってしまう可能性は否めません。
特に盗難に関しては、珍しくない話だと思います。
盗難にあってしまったら、先ず地元の警察署に届け出を出すこと、次にやはり海外保険に事前に加入しておいて、そこから保証を受けることです。
しかしロサンゼルスは置き引き以外は他の地域に比べると発生しにくいので、とにかく持ち物の自己管理をしっかりすることです。
なお、アメリカでなにかあって警察や消防に連絡する場合の電話番号は、すべて911となっています。

・学校が合わなかった

いざ入学してみたら、どうもその内容が考えてみたものと違っていたり、相性が良くなかったりすることはあると思います。
基本アメリカでの学習は、日本のそれに比べて一般的にハードです。
ですからすぐに諦めてしまうのは、問題とも思われます。
どうしても解決しないのであれば、先ずエージェント企業を介して留学しているのであるならばそちらとの話し合い、そうでなければ学校の事務方に相談するか、ロサンゼルスの留学相談センターに相談するのが良いと思います。

・ホストファミリーとの問題

ロス留学での滞在方法には、ホームスティを選んでいる人が殆どだと思われます。
それでもホームスティ先との相性はありますから、実態は体験談で語られるような良いことばかりではないとも思われます。
しかし、滞在先を変えるとなると結構面倒です。
先ずはホストファミリーとじっくり話し合ってみることが先決です。
言葉が通じない、などと言った基本的な原因で、相互不理解が生じているかもしれないからです。
英語の得意な同じ学校や地域の先輩にとりなしてもらうのも手かもしれません。
それでも問題が解決しないのであれば、留学センターや学校に相談してみましょう。

まとめ

ロサンゼルスに留学することがおススメなのは、他地域に比べて日本人へのサポート体制が整っていることが理由にもなっています。
そう言った意味でも、初めて留学するには最良の場所であることも考えておくべきでしょう。

 

 

ランキングはこちら