ロサンゼルス留学で口コミで評判の学校をランキング!

ロサンゼルスで取れる学位

    

ロサンゼルスで取れる学位

 

 

 

ここでは、ロサンゼルス留学して修得できる学位について説明します。
先ずいずれの場合も国内で英語力を十分に付けておかなくてはならないのは、言うまでもありません。
事前にTOFEL,TOEICなどの語学資格試験を受験して、良い成績を収めておきましょう。

 

 

・2年制大学

2年制大学は日本で言うところの短期大学です。
しかしユニークなのは、卒業すると準学士号/短期大学学士号を修得できることです。
また、4年制大学に編入するための手段として利用されることもあります。
と言うのもアメリカでは日本のように入学試験らしいものがなく、一般的に前出身校における成績が入学審査要件であるためです。
そのため、2年制大学に入学し、その成績をもって4年制大学に編入すると言う仕組みが一般的に利用されています。
また同様の理由で日本での成績が芳しくなかった学生さんも、この仕組みを使えば努力次第で4年制大学に編入することが可能です。
公共のコミュニティカレッジも私学も、このシステムを採用しています。

・4年制大学

日本の4年制大学と同じく、卒業すると学士号が修得できます。
また日本の大学や短大で修得した単位を入学に受け入れる提携大学もあります。
ですが一般的にと言うよりも、大学間同士で提携しているパターンが主となっています。
また大学間で利用できる単位や制度はまちまちなので、事前に良く調べておく必要があります。
せっかくの修得単位をムダにしてしまう可能性もあるからです。
アメリカのメジャーな大学は日本での成績のみでは入学が難しいのが現状で、編入や提携の方法をとり現地での事前学位を修得しなければ、正規の4年制大学への留学はできないと考えるべきです。

 ・大学院

大学院では修士号と博士号を修得することができます。
有名なのはMBA(経営学修士)です。
一般的に入学には各大学が指定する「入学適性試験」の成績結果が必要です。
これは各大学によって必要な適性試験が異なりますので、事前に詳しい入学条項を調べて受験する必要があります。
また日本国内の大学院での成績を有効とするところもありますので、こちらも調べておくのが得策でしょう。
修士号は2年で機械的に履修することが可能ですが、博士課程に制限はなく博士号を取るには相当な期間と努力が必要です。
また学費も数百万単位で必要ですので、それなりの覚悟が必要となります。

まとめ

ロサンゼルスは他の地域に比べこの様な学位修得システムが充実しているので、LA留学は正にベストな選択です。他にも専門別に修得できる学位は、いろいろと選択できます。日本での就職にも有利に働きますので、ロス留学を若いうちにチャレンジするのが得策でしょう。